5の倍数日の正午にブログを更新します。

ポイント高還元とステータスを兼ね備えたコスパ最強プラチナカード「UCプラチナカード」

ポイント高還元とステータスを兼ね備えたコスパ最強プラチナカード「UCプラチナカード」

「プラチナカードでポイントもガンガン貯まるカードってあるのかな?」

「プラチナカードを持っていると、どんな優待や補償が受けられるの?」

そんな方にぜひチェックしていただきたいのが「UCプラチナカード」です。

本記事では、数あるプラチナカードの中から、ポイント高還元とステータスを両立させたUCブランド最上位のクレジットカード「UCプラチナカード」をご紹介します。

プラチナカードでポイントをガンガン貯めたい方、せっかくプラチナカードを持つならハイクラスな優待や手厚い補償を受けたい方、プラチナカードデビューを考えている方はぜひ参考にして下さい。

 

 

ポイント高還元でガンガン貯まる

・ポイント還元率常時1%

UCプラチナカードのポイント還元率は常時1%です。

1,000円のお買い物で2ポイント(10円相当)のUCポイントが付与されます。

UCカード(一般)やUCゴールドカードが、1,000円のお買い物で1ポイントなので、他のUCカードより2倍のスピードでポイントを貯めることができます。

貯まったUCポイントは、200ポイントから「専用サイト(STOREE)でのお買い物」もしくは「ギフト券・マイル等への交換」が可能です。

例えば200ポイントで、1,000円分のUCギフトカード、LINEプリペイドカードやMOS CARDへの交換することができます。

またJAL・ANAのマイレージとして移行することもできます。

 

・ボーナスポイント250ポイント

通常の1%ポイント還元に加え、下記の条件をクリアすれば、250ポイントのボーナスポイントも付与されます。

  1. 1年間のうち10ヶ月の利用で100ポイント(毎月1,000円以上のご利用が必須)
  2. 1をクリアした上で、年間1000ポイント以上獲得でさらに150ポイント

つまり、いつでも1%のポイント還元が受けられる上に、上記の条件①②をクリアすればさらに追加で250ポイントがもらえるという、ポイントがたまりやすい大変お得なカードと言えます。

両方のボーナスポイントを得るためには、月に1,000円以上かつ年間50万円以上のカード利用が必要です。

月に換算すると4万円を少し超えるくらいですので、簡単に得られるのではないでしょうか。

ボーナスポイントも得ることができると、年間1250ポイントとなり、ポイント還元率は、実質1.25%へ上がります。

 

以上のように、「UCプラチナカード」の一番の魅力は、「常時ポイントが1%還元されること」、「追加でボーナスポイント250ポイントが付与されること」という、ポイント還元率の高さが第一に挙げられます。

 

 

年会費1万円台

UCプラチナカード」の年会費は16,500円です。

プラチナカードの年会費は安くても2万円台、中には10万円を超えるカードも存在します。

その中で、「プラチナカードを持ってみたいけれど、年会費はそこまで払えない・・・」という方にはぜひ「UCプラチナカード」をおすすめします。

先ほどもお伝えした通り、ポイント還元率がよいので年間165万円以上利用すれば、年会費16,500円はポイント還元により実質0円になります。

 

 

ハイクラスな優待特典が充実

「年会費が安いので、優待特典もそれなりなのでは?」と思った方も多いのではないでしょうか?

「UCプラチナカード」のすごいところは、優待特典が他のプラチナカードに引けを取らない点です。

その中でも特におすすめの特典について、いくつかご紹介したいと思います。

 

・東京、大阪を中心に全国200店舗の高級レストランのコース料理が1名分無料

プラチナグルメクーポンと呼ばれる特典です。

例えば、東京・恵比寿にある「鉄板焼いちか」のコース料理1人21,780円のところを、2名以上で利用すると1名分のコース料理が無料になります。

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、プラチナグルメクーポンをたった一度利用するだけで、「UCプラチナカード」の年会費16,500円以上の節約効果が出ていることになります。

 

・東京を中心にハイクラスホテルで優待サービスが受けられる

東京を中心としたハイクラスホテルでプラチナカード会員限定の優待サービスが受けられます。

東京・大手町駅直結のハイクラスホテル「アマン東京」の例を挙げると、滞在中の朝食が毎日無料になります。

ハイクラスホテルでの朝食が無料だなんて、優雅でぜいたくな時間を過ごせそうですね。

その他にも、「ザ・キャピトルホテル東急」、「ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅」、「ホテル雅叙園東京」といった東京の超一流ホテルでも優待サービスが受けられますので、ぜひご活用下さい。

 

この他にも、24時間コンシェルジュサービスや空港ラウンジサービス等、幅広い優待サービスを受けることができます。他のプラチナカードに引けを取らない充実した優待サービスを受けられることも「UCプラチナカード」の大きな魅力と言えるでしょう。

 

 

手厚い付帯保険

・通信端末修理費用保険

「UCプラチナカード」には通信端末修理費用保険が自動で付帯されています。

旅行傷害保険やショッピング保険が付帯されているクレジットカードは珍しくありませんが、通信端末修理費用保険が付帯されているケースはとても珍しいのではないでしょうか。

スマートフォン、PC、モバイルゲーム機等の通信端末について、万が一の落下破損、水没、故障等による修理費用を年1回、年間最大3万円まで補償するとしています。

万が一の時でもプラチナカードが補償してくれると思うと、とても心強いですね。

 

・最高1億円の海外・国内旅行傷害保険

旅行代金を「UCプラチナカード」で支払えば、海外旅行で最高1億円、国内旅行で最高5,000万円の傷害死亡・後遺障害の補償がされます。

こちらは自動付帯ではなく利用付帯になりますが、かなり充実の補償内容となっています。

旅行中の万が一の事態に備えるためには、旅行代金を「UCプラチナカード」で支払うようにしましょう。

 

・ショッピング安心保険最高300万円

国内でのショッピングで、「UCプラチナカード」を利用して購入した物品の破損・盗難などによる損害が、購入日から90日間、最高300万円まで補償されます。

 

「UCプラチナカード」の補償内容は、安心できる充実したものになっています。

中でも他のプラチナカードには見られない通信端末修理費用保険については、「UCプラチナカード」だけの大きな魅力と言えるでしょう。

 

まとめ

「UCプラチナカード」は、ポイント還元率1%+ボーナスポイント加算もあり、かなりポイントの貯めやすいお得なカードと言えるでしょう。

また、プラチナカードでありながら、年会費1万円台ととてもリーズナブルです。

しかも、優待特典や補償内容については、年会費からは想像もできないとても充実した内容になっています。

コスパ最強プラチナカードをお探しの人には、ぜひおすすめしたいクレジットカードです。

 

⇒上質なプラチナ品質のサービスと次の時代に必要なサービスをリーズナブルに、この一枚で「UCプラチナカード」

クレジットカードカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!